サブタイトルも効果的に

チラシ印刷を効果的にするためにキャッチコピーは大切だと書きましたが、うまいキャッチコピーは見る人の注目を集めるように導くことができます。ですが、キャッチコピーで人の目を引くことも大切なのですが、ちょっとみてすぐに次のを見るというようなチラシではあまり効果もありません。
ではそうならないためにはどうしたら良いかというと、キャッチコピーの次に大切なのがサブタイトルです。

サブタイトルというのは、一度気になった情報を興味に変えるために必要なものです。
キャッチコピーよりも具体的な内容を入れる必要があります。

例えばセールの案内のチラシですと、「~記念セール」がキャッチコピーだとします。
このときサブタイトルは「感謝の気持ちを込めての○日限りの格安価格で提供します」といった感じでしょうか。
こういったサブタイトルをみると、ただのセールではなく○日限りとか書かれると読む人の興味をひくことが出来ます。
キャッチコピーで人の目を引いたあと、サブタイトルで興味を持たせることで、じっくりとみてみようかなという気にさせてくれるのです。

サブタイトルを作る際には、5W2Hを意識して作りましょう。
いつ、誰に、どこで、何を、なぜ、どのように、いくらでという内容です。

キャッチコピーとともにサブタイトルに大切なことはわかりやすく、インパクトのある言葉です。
このようなことに注意してサブタイトルも効果的になるように考えてみましょう。