ニーズ、シーンに合わせたチラシ作り

時代はどんどん変化していくものです。
ですからチラシ 効果もどんどん変化していくと考えなければなりません。
ニーズが違ってくれば当然アプローチも変えなければなりません。

最近のスーパーのチラシと過去のスーパーのチラシも時代とともに変化してきています。
過去のスーパーのチラシはどちらかと言うと商品価格に重点を置いて製作されていました。
もちろん価格は大事な要素ですが、最近は価格だけに重点を置くのではなく提案型のチラ
シを製作しているところが多くなりました。

ようはメニューの提案をして、メニューの材料をチラシに掲載して販売するという方法です。
これを行うことで今夜のおかずを迷っている主婦がいたら、それにしようと決めてくれる
可能性があるわけですね。

とあるテレビ番組でスーパーの方が話していたのは年間スケジュールですでに膨大データ
をとりどの日にどの料理を提案をすると効果があるのかなど、データで持っているそうです。
その日、イベントなどシチュエーションなどによって売れる提案も変わってくるわけです。

チラシ 効果を考えた時に本来はこういった膨大なデータを蓄積していくことが大事です。
なかなか難しい場合にはどういったシーンで商品が利用されるのかなどを考えて作ること
も大事なことですね。