何度も目にする耳にする

チラシ 効果を上げたいと言う場合のヒントとして、人は何度も目にする、耳にしたもの
というのは、勝手に良い物だと思い込むということがあります。

良い例が音楽などがあります。
何度も耳にして貰える効果があるということで、ドラマの主題歌などは他の音楽に比べて
売れる傾向にあります。
昨今はドラマの視聴率もそれほど高くないということもあって、何度も耳にして貰うため
にいろいろ音楽業界も工夫しているようです。

先日みたテレビでは、あるアイドルグループが発売前のCDの販促の一環として、何度も
耳にして貰うための効果を狙うために、全国の学校から希望校を募って、発売前のCDを
校内放送で流して貰えるように配布するということを行ったそうです。
校内放送で流れるわけですから、その学校の生徒の耳には必然的に入ってくるわけですね。

何度も繰り返し耳に入ってくることで、最初は良い歌だと思わなくても、いつの間にか口
ずさんでしまう、いつのまにか良い歌だと思ってしまうということになります。

これをチラシ 効果で考えた時に何度もそのお店のチラシを目にするということは、いつ
の間にか、そのお店はその人にとって知名度があがり、安心できるお店に変わっていくわ
けですね。

チラシを入れるタイミング

チラシ 効果を考えたときに、どの曜日にチラシを入れるのかといのを考えたことがある
かと思います。
どの曜日が一番良いのかというのは、いろいろな戦略などがあると思いますので一概にど
の曜日とは言えませんが、戦略を考える時に役立つ情報として少し書いてみたいと思います。

他社も含めて新聞折込の数が多い曜日というのは、週末の売上を考えるお店が多いことか
ら金曜日、土曜日がもっとも多くなります。
新聞に折り込まれている枚数が多いということは、他のチラシに紛れて見て貰えない可能
性も高くなりますが、チラシを見る時間、閲覧時間も多いのためにそれほど見て貰えない
可能性も低いと言っていいでしょう。

また、チラシの数が多いと、チラシをみようという意欲が湧く相乗効果があって、効果が
高くなることもあります。
ただし、土曜日の場合はすでに金曜日の段階で出かけるところが決定していたりなどで、
閲覧する人が少なくなります。

日曜日に至っては、すでに出かける場所が決定していることが多く、チラシに目を通す人
が少なくなります。
もちろん、そのことを考えるところが多いために、チラシを入れるお店などもかなり少な
く、平日よりも少ないことが多いのが日曜日です。
月曜日から順番に徐々にチラシ枚数が増えて行くかたちになります。

チラシ 効果考えて入れるタイミングを考えてみましょう。

チラシをマンネリ化させない

チラシ 効果をあげるために、いろいろな工夫をしているでしょうか。
中には工夫もせずにマンネリしたチラシを毎回決まった曜日に入れるだけなどになってい
ないでしょうか。

同じエリアに同じだけの部数と、毎回変わらないデザインや施策となってしまうとマンネ
リ化してしまいます。
それほど知名度が低いうちはこういう方法も悪いとは言いません。
何度もチラシを入れているうちに知名度はある程度あがってきますが、そのまま同じこと
の繰り返しでは一定の知名度を保つだけの効果しかなくなります。

チラシ 効果をもっとあげるためには、ある程度知名度があがってきたら、マンネリ化さ
せなきことも重要です。
同じデザインのメリットは、パッと見ただけですぐにそこのチラシだと分かって貰えます
が、そのままマンネリ化したときに、チラシを見たいと思う人だけに固定されてしまい、
今まで見向きもしなかった人というのは、そのまま見向きもしないままになります。

それでは新たなお客様を獲得するのは難しいという問題もあるのです。
何かを変えていかなければ、新規顧客獲得も難しいため、売上は頭打ちになってしまうこ
とも考えられます。
効果的なチラシを作れたと思っても、いつまでも同じでは飽きられてしまうこともあるの
で注意が必要でもあります。

配布エリアを分析しよう

チラシ 効果を考えた時に配るエリアなどでもまったく異なってきます。
新聞折込などでもエリアをいろいろ選べますので、そのエリアにはどういった人達が多く
住んでいるか等も調べる必要があります。

住宅街で一戸建てが多いのか、もしくはマンションなどが多いのか、一人暮らし用のアパ
ートが多くあるのかなど家族層なども調べてエリア分けをすることで、効果が変わってき
ます。
その為にはもちろんターゲットをどんな人にすればいいのか分かっていなければなりませ
ん。
何度もチラシを配れる場合には、エリアの特性を知っておけばどんなターゲットに訴求す
れば売り上げがあがるか、集客が増えるか等分かってくると思います。

チラシ 効果はエリアの分析も必要なのです。
ただ単にどのくらいの人口がいて配布枚数の関係でここと、ここのエリアに配るなど安易
に決めていたのでは、効果がどの程度あって、どうして効果があったのかなど把握出来な
くなってしまいます。
たまたま今回のチラシは効果があったなとか、その程度の認識になってしまうということ
です。

それではお金をかけて宣伝していても、戦略も何もない状態になってしまい、成功するこ
ともあれば失敗することもあるといったことをただ単に繰り返しているだけになってしま
いますよ。

付加価値をうまく宣伝

チラシ 効果をあげるために、色々な工夫をされているかと思います。
一番簡単なのは商品の値段を格段に下げることが出来れば、効果が高いチラシになること
でしょう。

しかし、商品を販売するためにはいろいろな経費がかかってきますから、値段を安くする
ことは限界もありますし、もしも値段を下げ過ぎて競合店も価格を下げてきたとしたら値
段勝負というのは泥沼になる可能性もあります。
牛丼チェーンなどは、こういった価格競争で泥沼化したような状況ですよね。

企業努力で下げられる部分と、それ以上下げられないという限界に来たら値段とクォリテ
ィで、よりバランスが良い方を消費者は選びます。
そのバランスで負けた時に圧倒的に負ける可能性があり、価格を極限まで下げている段階
ですから、圧倒的に負けるということは集客も出来なくなり、利益もまったくでなくなる
ということにもなってしまいます。

値段以外で勝負できるものを考えなければいけません。
人は付加価値というものがあるものに興味がそそられます。
携帯電話を見ればわかりますよね。
ただの電話できるものだったのが、さまざまな機能をつけることで進化しつつあっという
間に誰もが1台は所持している、もしくは1人で数台持っているなんて人もいます。

チラシ 効果をあげるために商品の付加価値もうまく宣伝していくことも大事だというこ
とです。

ネガティブな宣伝

チラシを効果的に行うには戦略が必要です。
戦略の中には、先日テレビでも放送されていた内容でネガティブなことを書くことで
購買意欲を煽るという方法もあります。
どういうことかというと商品をアピールする時にマイナスな要素を強調することで、
話題や実際にいいところのハードルを下げてあげるのです。
日本一まずいラーメン屋という看板をだしているラーメン屋さんの話は有名ですよね。
まずいラーメンというとちょっと怖い物見たさで入って注文して食べてみたら
美味しくて常連客がどんどん増えているというところですね。
他には雪国もやしのCMも通常であればもやしで言えば、安くて美味しいなどの
アピールをするのが通常ですよね。
もしくは値段が高くても良い部分である美味しいという部分をアピールしたくなると思い
ますが、逆に値段が高いということをアピールして話題になりましたね。
この効果は非情に高かったらしく、売り上げが倍増したとのことです。
こういう正直に悪い面を押し出すことで話題になり、実際に買ってみたり試したりしたら
思いのほかよかったということになりリピートする人も増えるのです。
良いことばかりしか書いてないチラシよりも、こういった悪い面も正直にかくことで
信頼を得るという、チラシ効果もあるということなのですね。

効果的なチラシの見た目

チラシを効果的に作るために、チラシの見た目も大事な効果のある要素になります。
確かに人の目を引く中身のあるチラシだと見た目はその次で十分なのですが、ここで紹介したいことは見やすさです。

まずはチラシの流れを見てみましょう。
前回かいた起承転結はありますか?
その起承転結は流れにそって読めるように順序だって書かれているでしょうか。
いきなり起承転結の起から結に流れるような流れになっているようでは、せっかく考えた起承転結も意味がありませんよね。

まず大切なことは見やすさです。
どんな内容が良くても、見にくいものであれば効果はありません。パッとみて終わってしまうことになってしまいます。人の目を引いてなおかつ内容がわかりやすい作りになっていることが効果的なチラシと言えます。

マンガを読んだことはあるでしょうか。
マンガはコマ割がうまいか上手くないかで読みやすさも変わりますよね。
チラシもこれと同じでどこにどういったコンテンツをおけば視線を誘導できるかを考えるようにしましょう。

見てどう読んでいけばよいのかがわかる効果的なチラシを作るようにしましょう。

ここではチラシの効果のことばかりを書いていますが、本当の目的はチラシを作ることではなくチラシにより集客や売り上げを上げることです。一生懸命人の目にとまるチラシを作ることも大事ですが、人の目にとまった後それの商品を実際に購入してくれるかは、その商品の魅力が必要になります。いくら良いチラシをつくってもそれがなければ売上効果や集客効果につながりません。

効果的なチラシを作ることも大切ですが、本来の目的を忘れないように注意しましょう。

クーポン券の効果

チラシ印刷を作成するときに効果のある方法として、クーポン券や割引券をつける方法があります。
普段より安く買えるからとこれによって集客効果が増えます。

ですが注意したいことは、あまりクーポン券の濫用は良くないということ。
確かにクーポン券をチラシにつけることで集客効果が増えるかもしれませんが、単価の安いお客が増えてしまいます。
最初のお店の認知度を上げるために安くてもよいからとクーポン券をつけるのであれば、安いから来店してみたけどよかったのでまたこようというようなお客が増えるかもしれないので、効果のある方法と言えます。

ですが何度もクーポン券をつけていては、そのクーポンがあるときにしか来ない客もでてくるのではないでしょうか。
そうすると単価の安いお客ばかりが増え、肝心な常連さんの獲得とはほど遠い結果になっていまいます。
そして安売りばかりしていると、サービスの質も下がる結果になってしまい、結果常連の顧客が離れていってしまう結果になるのです。

安売りをしていなければ価値のないお店にならないようにクーポン券もよいのですが、その他の魅力でもチラシの効果を上げることが出来るお店にしたいですね。
反響が高いからといって、クーポンの効果や割引券の効果でお客を釣るのは、たまににしておきましょう。
大手の飲食店がクーポン券を毎回発行しているのは、やはり大手という資本があるからこそできることなのです。