キャッチコピーで効果的なチラシ

では実際に効果的なチラシをつくることを考えましょう。

まず大事なのはキャッチコピーです。
チラシはまずキャッチコピーで目に留まると思いませんか?
大売り出しや激安と書いてあれば、何が安いのだろうと気になりますよね。
無料となっていれば、何がもらえるのだろうと関心をもつのではないでしょうか。
もしくは自分が求めているもののがキャッチコピーとして使われているチラシがあれば、きっと手にしてしまうのではないでしょうか。

このように、キャッチコピーは見てもらうための重要な要素です。
いくらお店の紹介をしたいからといっても、一番目に留まる部分に会社名などがはいっていても、誰も興味を持ちません。
前に書いたように何を目的としているチラシが重要か?と説明しましたが、その目的となる部分をキャッチコピーとして使ってはいかがでしょうか。

ですがパッと見た時にすぐに内容が判断できないような長々としたキャッチコピーでは目につきにくいものです。
出来るだけ短いものにするのが良いとされています。

逆に何だろうと思わせるようなキャッチコピーも効果的です。
気になるものだと中身も見たくなるものです。こちらを考える方が難しいのですが、人の目を引くのにはこのようなものも効果的になります。

ですがあまりまだ経験のない場合は、何を目的としているチラシなのかをはっきりとわかるキャッチコピーを作ることが良いと思います。そのほうがそれに興味のある人の目に留まりやすいですからね。

人に興味を持たせるチラシ

チラシの効果というのは、その商品やお店に興味を持ってもらい人に行動を促す効果があります。
パッと見たチラシが気になり、その詳細を読んで商品やお店の詳細を知ることとなりますが、そこで興味を持ったり必要性を感じることができればお客にアクションを取らせることができるのです。

ですのでチラシには読んだ人が興味を持つ内容でなければ効果がありません。
それに価値を感じることができれば、広告の効果というのは最大限に発揮できたといってもいいのではないでしょうか。
もちろん見た人全員が価値を感じるなんてことはありません。
だけど重要なことは、そのなかでも興味を持つ人を動かすだけの魅力をその広告は持っているかなのです。

ですが広告は限られたスペースしかありません。
そのスペースでどう見る人に魅力を伝えるかが勝負になります。
限られたスペースになるべく情報を詰め込もうと思っても、逆に読みづらくなり魅力のある広告とは言えなくなります。

必要な情報を詰めて、そして人の目にとまり、なおかつ魅力を伝えることが出来るチラシが必要となります。
このように書くと難しいかもしれませんが、自分がチラシをみて、どのようなものだったら興味がわくのかを考えてみればまずいかがでしょうか。
自分のお店の魅力を伝えることばかりを考えるのではなく、まず自分が受けてとなって考えてみてはいかがでしょうか。
そすればどういったチラシが効果的かわかってくると思います。

チラシ配布の曜日

チラシを折り込み広告として入れる曜日にも注意したほうが効果的です。

どうして曜日と効果が関係あるのか不思議に思うかもしれませんが、自分の家にくる新聞で一番チラシが多くは行っているのは何曜日だと思いますか。たいていの方が土曜か日曜だと答えると思います。
ではなぜこのように土曜や日曜に広告が多くはいっているのでしょうか。

これには理由があって、土日というのは家族が休日で集まることが多くありますよね。
家族で話合う機会のある週末に、車を見に行こうか、家を見に行こうかというような大きな買い物をする機会が多くあるからです。
ですので土日やその前になると、家族で相談して購入するようなチラシが多くはいっています。

逆に平日というのは、仕事の人が多く新聞はみてもチラシまでは目にしない人も多いですよね。
ですが毎日の食事の支度をしている奥様であれば、スーパーに行かなくてはなりません。
スーパーなどの日用品、食料品のチラシが平日に多いのはこのためです。

このように曜日によってもチラシの効果といのは変わってきます。
自分がターゲットとしたいお客が目にする曜日とはいつなのかを考えてチラシを配布したいですね。

ちなみにチラシが一番多い曜日は土曜日、チラシが一番少ない曜日は月曜だそうです。
月曜日のようなチラシの少ない日にチラシを入れることで、目立つという効果もあるので、どの曜日だといけないということはありません。少ない日だと目に入る機会も多く、集客や売り上げが上がる場合もないとは言い切れません。

曜日を考えることでチラシの効果は上がったり下がったりするので、チラシ製作時にはいろいろと調べてみることが大切ですね。

チラシの目的

チラシを効果的に作る方法ですが、まずそのチラシは何を目的に作るかということです。
チラシの目的は色々あると思います。
新しいお客の獲得という認知アップの目的や売上のアップが主な目的ではないでしょうか。

新しくオープンするお店であるなら売上を上げることより、まずは認知を上げるほうが重要です。
セールを行うから普段より集客したいとあれば、売上をあげることが目的となりますよね。

このような目的のためにどのようなチラシを作れば効果的なのでしょうか。

効果的なチラシというのは目的がしっかりと分かるチラシです。
例えばデザインは素敵なのだけど、どこをみれば良いのかわからないチラシであったり、中身がないチラシでは効果はまるでありません。このようなチラシでは見られることもなく捨てられてしまうのではないでしょうか。
例えば認知を上げるためにお店の紹介だけにチラシを作成するとします。ですがただお店紹介のチラシを見てこのお店に行こうと思う人はあまりいないのではないでしょうか。

お店の紹介でも、それがどのようなお店でどのようなメリットがあるのかを伝えることで効果的なチラシとなるのです。
まずどうしてチラシを作りたいかという目的をしっかりとさせてから制作を開始しましょう。
目的のないまま作ってしまってはただのお金の無駄遣いになってしまいますよ。
中身がしっかりしているチラシであれば、何もデザインにこだわらなくてもとても効果的なチラシになることもあるのです。

ただの手書きの白黒のチラシでも、とても効果のあったものなんていうのも沢山あります。

効果的なチラシの要因

効果的なチラシを作るのに大切な要素は、場所・時・オファー・デザインだと言われています。
この4点を盛り込むことで効果的なものを作ることが出来るのです。

まず最初に場所。
これはどの地域にチラシを配布すれば効果があるのかを調べましょう。
店舗を構えるところであれば、どのような距離的優位性をもっているのかを考えるだけでなく、移動手段から地域の特製なども考えなくてはなりません。

次に時。
どのような時が一番効果的ななのでしょうか。
たとえば夏に必要なものを冬にチラシを出しても効果はありませんよね。
学校の新学期にそなえて、暑くなってきたこの時期だからこそ。といったことも注意しましょう。
たとえはすこし大袈裟ですが、どういった時に必要となるのかを見極めチラシを効果的に使いたいですね。

オファーとはそのチラシを配った期間だけの特別価格にしたり、このチラシを持っていくことで数割引になったりといったサービスをつけることです。
実際このようなオファーがあると、ついこの機会だからと買ってしまう人も多いのではないでしょうか。
このオファーが良いものであると、それだけ反応も大きくなります。

最後にデザイン。
デザインは人の目に効果的に伝えることのできる大切な要因になっています。
たとえば商品が綺麗にうつっているだけでも、気になってしまいませんか。
ロゴやキャッチコピーも大切な要因です。
人の目を引く、もしくは気になってしまうキャッチコピーというだけで売上に繋がる効果もあるのです。
商品の見せ方などでも変わってきます。