知名度アップにチラシ

日本には世界に誇る凄い会社というのは多くあります。
ただ、一般の人には知られていない会社というのも結構あったりするのです。
それは顧客が一般向けではないということがあるためで、そのため一般に対してなんら宣
伝活動をしていないからというのが大きな理由だと思います。

もちろん中には一般には関係ないけど、知名度アップのために宣伝をしている会社もあり
ますが、そういった会社は知名度をあげることによって、さらなるいい人財を獲得したい
などを考えている場合が多いようです。

チラシ 効果というのは宣伝することによって、知って貰う、知名度をあげるという効果
もあります。
地元では有名な会社やお店でも、一歩地元を離れるとまったく誰も知らない会社、お店だ
ったという経験がある人もいるかもしれませんが、それは地域に根差した宣伝活動をその
会社が行ってきたということでもあるのです。

チラシ 効果というのは範囲は狭くても、知名度があがる効果がそれだけあるということ
でもあります。
もちろんローカルな番組でCMを流したりしているところもあると思いますが、まずは宣
伝の第一歩、知名度アップの第一歩としてはチラシというのは重要な役割をはたしている
のです。

効果をあげる流れ

チラシ 効果をある程度正確に測るには、チラシに割引チケットなどをつけると効果が分
かりやすいということは以前書いたような気がしますが、結構、割引チケットをつけるこ
とで効果も測れて、効果もあがるということは誰もが知っていますよね。

チケットの回収率でどの程度の来店にに繋がったのか分かりますし、割引目的で来店して
くれるということもあります。
あとは割引なしでも、魅力的なところであれば再度来店や再度の利用に繋がったりします
から、チラシだけでなくお店やサービスなども魅力的なものになっていなければ効果は半
減してしまいます。

飲食店ならお店の味を知ってもらう為の宣伝という意味もこめて、こういった割引チケッ
トを使うところも多いですよね。
そして次の来店に繋がるように次回使えるチケットというものを配って、再度の来店も促
進するということも行っていけば、実際にかなり効果が高くなると思います。

チラシ→割引チケット→来店→次回使えるチケット→来店。
こういったサイクルをチラシから作っていくわけです。
次回来店が無い人でも、またチラシから同じ流れになる人も出てくるでしょうし、新しい
顧客も増えてくる流れの作り方ですよね。

チラシ 効果はこういうふうに流れを作ってあげることも大事ですね。

チラシでホームページ宣伝

この前みたホームページを宣伝するようの営業チラシを見たのですが、なんとも見栄えが
するものでした。
ホームページでサービス展開する会社だそうですが、WEBだけでなくちゃんとチラシも
作成して集客に努めているわけです。
チラシ 効果があるおかげでWEBでのサービスが順調かどうかは分かりませんが、チラ
シを見て思わずサイトを覗いてしまいました。
だた、そのサービスは私には特に必要がないと感じたので利用はしませんでしたが、ホー
ムページの宣伝に紙のチラシを使うことも大事なことだと思います。
今は検索上位になることが必要だとか言われますが、こういったチラシで集客することで
も検索じゃなく、ダイレクトに集客ができるわけです。
もちろん会社名やサイト名であれば、他に同じ名前のものが無ければ検索上位にすること
は結構簡単に出来ますから、チラシの宣伝も役に立つというわけです。
有名な会社なら会社名で検索したりしますよね。
そういった効果もチラシで効果的に作ることが出来るというわけです。
もちろん全国的に有名になるためには、かなりの広告費が必要になってきますから戦略を
考える必要があります。
まずは地方から有名にしていくことなども考えてみるのもひとつの手段です。

心配りを考えたチラシ

新年になりましたね。
新年と言えば初売りが行われ、販売業の方々は忙しい日々を送っているのでは
ないでしょうか。
某有名デパートでは開店前から行列が出来て福袋を求める人達で
大混雑なんて話もありましたね。
これは毎年話題の商品が入っているということで人気になっているという効果があり、
宣伝をしなくても人が集まるなんてこともありますが、チラシ効果というのも大きいので
はないでしょうか。
最近は福袋と言っても中身が確認できるものや服などの場合、サイズが合わない場合は
サイズ変更もしてくれるというちょっとした消費者にとってありがたいサービスも多いようです。
こういったちょっとしたことの積み重ねが人気になる秘訣でもあるのではないでしょうか。
チラシにもそういう細かい心配りの部分も書いてあげるということも良いかもしれませんね。
福袋といっても余りものだけを詰め込むのではなく、人気の商品を金額以上に入れて
あげることを続けることで、毎年人気のお店に繋がって行くと思います。
チラシにも心配りということが大事になってきます。
ほしいときにチラシを届ける方法など、消費者の立場にたって考えてみることで
チラシ効果が見えてくることももあると思いますよ。

効果的な時期にチラシを

チラシ 効果が一年で最大に発揮する時期だと思います。
特に年末年始はチラシに目を通すのが、普段は主婦だけなんて家族もお父さんから子供ま
でチラシを見てほしいものを探したりするのではないでしょうか。
子供はお年玉をあてにして目をキラキラさせながらチラシを見るでしょうし、サラリーマ
ンのお父さんであればボーナスがあって、チラシを見て何を買おうか見るのではないでし
ょうか。
もともとそんなに欲しい物がなくても、わざわざ欲しい物を見つけようとすらしてくれる
のではないでしょうか。

そんな時期にチラシを入れないというのは勿体ないことですよね。
しかし、チラシを入れることで効果があがりやすい時期であるからこそ、競合他社もチラ
シを新聞折込で入れたりもしてきます。
そういった動向を考えながらチラシを制作しなければなりません。
もちろん目玉商品、福袋などいろいろ考えて利益重視をしないチラシを作ることで集客を
はかることを考えましょう。

顧客満足を考えることで、その後のお店のイメージなども変わってきます。
そうなるとその後のイメージがよくなり、売上が持続することもあります。
まさしく効果的なチラシが出来上がる訳です。
是非、効果的な時期に効果的なチラシを作成してみましょう。

ネガティブな宣伝

チラシを効果的に行うには戦略が必要です。
戦略の中には、先日テレビでも放送されていた内容でネガティブなことを書くことで
購買意欲を煽るという方法もあります。
どういうことかというと商品をアピールする時にマイナスな要素を強調することで、
話題や実際にいいところのハードルを下げてあげるのです。
日本一まずいラーメン屋という看板をだしているラーメン屋さんの話は有名ですよね。
まずいラーメンというとちょっと怖い物見たさで入って注文して食べてみたら
美味しくて常連客がどんどん増えているというところですね。
他には雪国もやしのCMも通常であればもやしで言えば、安くて美味しいなどの
アピールをするのが通常ですよね。
もしくは値段が高くても良い部分である美味しいという部分をアピールしたくなると思い
ますが、逆に値段が高いということをアピールして話題になりましたね。
この効果は非情に高かったらしく、売り上げが倍増したとのことです。
こういう正直に悪い面を押し出すことで話題になり、実際に買ってみたり試したりしたら
思いのほかよかったということになりリピートする人も増えるのです。
良いことばかりしか書いてないチラシよりも、こういった悪い面も正直にかくことで
信頼を得るという、チラシ効果もあるということなのですね。

比較検討が大事

チラシを効果的に出すにあたって実際に効果があったのか確認しながら調整していくことが
大事です。
それは前回書いたようにチラシを出す曜日や枚数、配布エリアを変えながら反応を見て
調整することで反応は微妙に変わってくるはずです。
その反応をつぶさに記録することが大事なのです。
集客数の変化などは必ず記録しておくことが大事です。
そして出来ることなら天候も集客には過敏に反応するので、そういった結果も考える
必要があります。
結果として雨のせいで来客が減ることはあるかもしれませんが、天候だけは
どうしようもないので諦める必要がありますが、以前に雨でチラシを配布したときとの効果

差などと比較することも出来ます。
効果を出すチラシになっているか?
効果的に配布できたのか?
それをつぶさに確認することで何が良かったのか、悪かったのかということを比較検討
することが出来るようになります。
この作業は毎回行う必要があり、終わりのない作業でもありますが、比較検討材料が
増えていくことで、より精度の高い資料が出来上がって行くのです。
効果的にチラシを出すということは、比較検討の繰り返しになります。
繰り返すことで洗練されたチラシも出来上がり、また完成度をどんどん
高めていくことができます。

チラシの配布を考えてみよう

チラシの効果を発揮させるためには考えることは山のようにありますね。
しかし、チラシを出す方は、そういったところまで手が回らずに、自己満足でできたチラシを
良い出来栄えと思って配布している状況の人が多いのではないでしょうか。

もちろんチラシを配布すると客数も増えているので、それで効果が出ていると思い定型的に
チラシを配布しているというお店も多いような気がします。

決まった場所に、決まった枚数で決まった曜日に配布する。
ルーチンワークになってしまっていないでしょうか。
この決まった場所に、決まった枚数で決まった曜日に配布するという方法は、チラシの効果を
出すにあたって悪くないこころみでもあるのですが、そのことだけで終わってしまっては
もったいない気がします。
今度は決まった場所を少し変えてみることや、枚数を少し増やしてみる、曜日を変えてみると言う方法も試してほしいのです。
今までとはちょっと違った客層にアピールできるかもしれませんし、配布されていなかった
ところに配布することで新規顧客が増える可能性もあります。
そして、結果を検証することが大事になります。
チラシの配布方法を変えたことで客数が増えたのか、減ったのか、客単価はどうかなど
以前のチラシ配布とどう変わったのかを分析していくことで、顧客の拡大につながる
かもしれませんよ。

チラシのメリット

チラシとして思い浮かぶのがやはり新聞の折り込みチラシだと思います。
新聞の購入者が減っているといわれますが、やはりまだ人気のメディアだと思います。
新聞はテレビ欄しか見ないけど、チラシは全部気になってしまう人も多いのではないでしょうか。

広告としてのチラシというのは、テレビやネットなどの普及により意味があるのか疑問視する人もいるかとおもいますが、そんな今でもなくならないのがチラシのもつ効果なのではないでしょうか。
新聞の折り込みチラシというのは、自宅に配達され手軽に見れるというのが一番のメリットだと思います。

そして折り込みチラシというのは、その地域に根差した情報を狙っています。そのため自分に関係ある情報が多く詰まっている場合も多くあります。紙媒体で新聞に折り込まれてくるチラシなので、保存性という面でもすぐれています。
そしてタイムリーな宣伝ができるのも魅力ではないでしょうか。
その日の特売品を朝に配り、夕方の集客に繋がる方法がチラシの効果ではないでしょうか。

そして新聞と一緒に配られる広告なのでなんといっても信頼性が高い媒体とみなされます。
テレビやネットよりは範囲が狭まってしまうこともありますが、その分狙っているターゲットへの配達がなされコストパフォーマンス的にも高いものになっています。
情報化社会といわれ、なんでもデータ化されていますが、昔ながらの紙媒体での広告がすたれない理由はこのような点にもあるのではないでしょうか。

チラシを効果的に使うために

折り込みチラシの効果について考えたことはあるでしょうか。
折り込みチラシというのは、新聞をとっている人であれば毎日のように目にするものだと思います。
時には新聞よりも質量の多いものになっていて、ジャマだと思うときもあれば、チラシを見てこれが欲しいなと思った経験もあるのではないあでしょうか。

チラシでよく目にするのは家電製品量販店や自動車販売店、スーパー、不動産といった地域に根付いたマーケティングが行われ適切な効果の得ることができる宣伝方法だと思います。

ですがそのチラシの効果もうまい工夫がなければ、ただのお金の無駄遣いにおわってしまうことも多くります。
ではどうしたらチラシの効果というのは上げることが出来るのでしょうか。

ここではチラシを効果的に使う方法を紹介したいと思います。
チラシは上手く使えば抜群の効果をもった宣伝方法にもなり得ます。
日常の膨大な情報のなかから、そのチラシの効果を引き出すための工夫。
チラシを見た人に購買意欲のそそるデザインというのはどういったものがよいのでしょうか。

多くの検討していきたいことがありますが、お客はどういったものを求めているのか、その要求に対してどういったプレゼンテーションを行えばよいのか。
ここで一緒に考えてみませんか。
ですが一般的に効果のある方法というのは多くありますが、それすべてが自分のチラシに当てはまることはないと思います。
チラシを効果的に使うには、まずはそれぞれに見合った工夫をしていくことが大切ではないでしょうか。