チラシの前の準備

チラシ 効果というのはチラシだけではなく、すべてトータルで効果をはっきします。
もちろんチラシで集客が出来たとしても販売する、販売した商品がクレームもののような
場合には二度と利用されないなどもあります。
もちろんまずい接客であれば二度と来店しないなどもありますよね。

どんなに頑張ってチラシ 効果があるようなものを作っても、その後のフォローがまずけ
れば意味がありませんし、最悪は悪い噂が出てしまいダメージを受けることもあるのです。
クレームのほとんどは、何も言わずに二度と来店しないという場合がほとんどです。
クレームとしてものを言う人は少数派であります。
ですから真摯に向き合わないといけないクレームというものもあります。
改善して今後そのクレームが起きないようにしていくということが大事ですよね。

しかし、昨今のニュースなどを見ていると本当に我儘なクレームというものもあります。
そういったものまで真摯に受け止めているとお店側が疲弊してしまいます。
ですからそういったものも見極めて対応していくことが大事なわけです。
チラシで効果をあげていく場合には、その前に商品であったり、お店の状況などもきちん
と準備することが大事になるわけですね。

魅力のアピールを

そろそろ考えていかないといけませんね。
何かと言うと来年4月からの消費税アップについてです。
はっきり言うと消費税がアップするということは、それだけ消費が減ることが考えられます。
今までよりも買う物を吟味して購入するようになりますから、なるべく無駄なものには出
費をしなくなるということです。

貴方の取り扱っている商品は無駄なものではないですよね?
欲しいと思ってくれる人がいるからこそ、その商品を売っているのだと思います。
ですが、本当に無駄な商品ではないということをアピール出来ているでしょうか。
チラシ 効果はこういった商品のアピールにも使われます。

商品がどんなに良い物でも知られていなければ売れない商品、無駄な商品になってしまい
ます。
チラシ 効果を使ってアピールしておくことも、今後の消費税アップを見据えると今から
商品の魅力をアピールして必要なものであることを訴えていくことが大事です。

もちろん魅力をアピールすることは消費税を見据えたものでなくても大事なことです。
最終的に売り上げをアップさせていくためには必要な要素だからです。

何にしても宣伝しなくては始まりませんから、今までまったく宣伝をしていないなどがあ
る場合には今から宣伝をはじめていきましょう。

提案型のチラシ作り

チラシ 効果的に使うというのはただ単に漠然とチラシを作っているだけでは駄目です。
きちんと毎回効果を把握して改善することも大事なのです。

毎回まったく同じような内容で行うだけで効果が出るのであれば、すべての会社、お店が
チラシを作り、チラシ 効果によって利益が出ているはずですよね。
実際にはそんな簡単な話しではないからこそ、利益を出しているところもあれば、利益が
出なくて大変なところも存在しているのです。

最近のチラシの流れとしてはただ単に商品の説明をするのではなく、提案型のチラシを作
るところが増えています。
○○と○○を組み合わせてこんなシーンで使えるといったものです。
ひとつの商品にしても、どんな時にいかかでしょうかといった内容のキャッチコピーがつ
いていることも多いですよね。

前回書いたスーパーのチラシでもこういったシーンに合わせた提案を行っているというこ
とを書きましたが、それは何もスーパーだけに当てはまるわけではなく、様々な業種でも
当てはまることです。

提案型のチラシを作ることで効果を出せたりもします。
それは休日の過ごし方の提案であったり、趣味への提案であったりなど様々なことを考え
ることが出来ますよね。

ニーズ、シーンに合わせたチラシ作り

時代はどんどん変化していくものです。
ですからチラシ 効果もどんどん変化していくと考えなければなりません。
ニーズが違ってくれば当然アプローチも変えなければなりません。

最近のスーパーのチラシと過去のスーパーのチラシも時代とともに変化してきています。
過去のスーパーのチラシはどちらかと言うと商品価格に重点を置いて製作されていました。
もちろん価格は大事な要素ですが、最近は価格だけに重点を置くのではなく提案型のチラ
シを製作しているところが多くなりました。

ようはメニューの提案をして、メニューの材料をチラシに掲載して販売するという方法です。
これを行うことで今夜のおかずを迷っている主婦がいたら、それにしようと決めてくれる
可能性があるわけですね。

とあるテレビ番組でスーパーの方が話していたのは年間スケジュールですでに膨大データ
をとりどの日にどの料理を提案をすると効果があるのかなど、データで持っているそうです。
その日、イベントなどシチュエーションなどによって売れる提案も変わってくるわけです。

チラシ 効果を考えた時に本来はこういった膨大なデータを蓄積していくことが大事です。
なかなか難しい場合にはどういったシーンで商品が利用されるのかなどを考えて作ること
も大事なことですね。

効果をあげるためには

広告というのは多くの人に見て貰えることが大事です。
だから露出が高くなる、多くの人が見るであろうものにはスポンサーが付いたりするわけ
です。
プロ野球などの球場に行っても、多くのスポンサーがあちこちに広告看板を出しています
よね。
1試合で何万人と言う人が見れくれたり、テレビ放送があればかなりの確率で映る、キャ
ッチャーの後ろなどは一番良い場所になるのではないでしょうか。

そういう場所によっても価格は違ってくるとは思います。
チラシ 効果的にというのも多くの人に見て貰うことが大事です。
ですから配布の際には、見て貰えやすい媒体を選んだりすることも考えなければなりませ
んね。

そしてこういった球場への看板広告とは違って、チラシの場合には情報量も多くすること
が出来ますので、魅力を伝えることも大事です。
もちろん情報を多く書けるからといって、あまりにも細かく書きすぎると逆効果になって
しまうこともありますので注意が必要です。

多くの人にチラシ 効果を狙って見て貰うためには部数を多くするのが普通ですが、そこ
には予算なども絡んできますので、無尽蔵に増やすことは出来ません。

ですからきちんと商圏になるところに絞って配布することも大事なことです。

見やすさを追求しよう

チラシ 効果をあげるためにチラシデザインなどもこだわったりするかと思いますが、こ
だわるのはいいのですが、あまりにも凝りすぎていろいろな配色を使いグラフィックなど
にもこだわったりなど、凝りすぎた結果が実際には見難いものになっていたりしませんか。

これはいろいろこだわって行く過程であれもこれも足したりしていくうちに、普通の人が
みてデザインは凄いけど、見るのに疲れるなんてことになってしまうことがあるのです。
これでは残念ながらチラシ 効果は望めなくなるばかりか、効果がかなり薄くなってしま
う可能性があります。

実際にはなるべくシンプルなほうが見やすいのですが、シンプルなものだとあまりにも手
を抜いているのではと思われるのが嫌と感じる人もいるようです。
一番は見やすさを考えなければいけないものを、余計なデザインやイラストなどを入れて
いくうちにどんどん見やすさが失われていっているのです。

もちろんポイント、ポイントでイラストなどを使うことは大事なことです。
まったく文章だけでは逆に見る気が失せてしまいますから、イメージできる写真、イラス
トを使うことで文章も読み進めやすくなります。
文章の要所要所で使うのではなく、全体になんか可愛いイラストだから使いまくったなど
はNGということです。
是非、見やすさを追求してみて下さい。

知名度アップにチラシ

日本には世界に誇る凄い会社というのは多くあります。
ただ、一般の人には知られていない会社というのも結構あったりするのです。
それは顧客が一般向けではないということがあるためで、そのため一般に対してなんら宣
伝活動をしていないからというのが大きな理由だと思います。

もちろん中には一般には関係ないけど、知名度アップのために宣伝をしている会社もあり
ますが、そういった会社は知名度をあげることによって、さらなるいい人財を獲得したい
などを考えている場合が多いようです。

チラシ 効果というのは宣伝することによって、知って貰う、知名度をあげるという効果
もあります。
地元では有名な会社やお店でも、一歩地元を離れるとまったく誰も知らない会社、お店だ
ったという経験がある人もいるかもしれませんが、それは地域に根差した宣伝活動をその
会社が行ってきたということでもあるのです。

チラシ 効果というのは範囲は狭くても、知名度があがる効果がそれだけあるということ
でもあります。
もちろんローカルな番組でCMを流したりしているところもあると思いますが、まずは宣
伝の第一歩、知名度アップの第一歩としてはチラシというのは重要な役割をはたしている
のです。

試行錯誤

チラシ 効果をどうやってあげていくのか。
限られた予算の中でチラシの部数を増やすわけには行かないし、どうやったらもっと効果
があがるんだろうと担当の方は毎回チラシ作成のたびに頭を悩ませているのではないでし
ょうか。

実際には何度も何度も改善していくしか方法はありません。
チラシ 効果というのはこのようにしたら必ずあがるとは言えませんから、試行錯誤が必
要になってくるのです。
もちろんテクニック、心理的要素など様々なことを行い効果検証をされていると思います。

漠然と作っているよりも何度も反省点を見いだして改善していると次第に効果が出てくる
と思います。
いろいろな方法を試して、駄目なら次に生かすというのはチラシだけではなくビジネス的
にも正しい方法ですよね。

ですからチラシで効果が出ないのであれば、もしかしたらそのチラシのエリアが悪い、配
布する媒体が悪いということも考えられます。
チラシの中身の問題じゃない場合も考えられるということです。

もちろんその逆も言えます。
中身が悪いために、ターゲットには配布されているものの、見向きもされていないという
可能性もあるのです。
試行錯誤をしながら、何が悪いのかを抽出して改善を図ってみてください。

繰り返し改善する

最近はネットの広告が多くなっていますよね。
ネット自体が広告効果で発展してきたといっても過言ではありませんから、規模が拡大す
るごとに当然広告も増えていくことになります。
チラシ 効果というのも規模、枚数が多くなれば効果が出ますよね。
もちろん枚数の割に効果が薄かったということはあるかもしれませんが、部数が多いほど
人の目に触れるのは当たり前のことですよね。
多くの人の目に触れるということが効果があがるためには必要になってきます。
それは前回も書いた通りですね。
しかし、予算は限られてくるでしょうから、その中で上手にやりくりすることも大事です
よね。
チラシ 効果をあげるということは、多くの人の目に触れるとともに、それを見た人が欲
しいと思って貰うことが大事になってきますから、チラシの中身も重要になってきます。
せっかくチラシを使って宣伝しても効果が薄いのでは勿体ないですから、いろいろなテク
ニックを駆使することも重要になってきます。
そして効果を測っていくことも重要なことです。
毎回同じではなく、少しずつ何が悪かったのかなど反省点を引き出して改善していくわけ
です。
これを繰り返し行うことで効果の高いチラシが出来上がってくるはずです。

数を打つことも大事

チラシ 効果を最大限にするためには、欲しいと思う人に配布することが出来れば効果は
絶大です。
しかし、残念ながら人の心も読めませんし、誰が何を欲しいと思っているのかはなかなか
分かりません。
だから数を打つことでチラシ 効果をあげようとするところもあります。
当然ですが、多くの人にチラシを配布することで、その中には欲しいと思っている人にも
届く可能性が増えるわけです。
私の知り合いに保険の営業をやられている人がいますが、その人はとにかく多くの人と会
うことを行っています。
飛び込み営業は当たり前で、1日に100人の人に会って話をすることを毎日のノルマに
していました。
当然、中には嫌な顔をする人もいますし、保険にちょうど入ろうか悩んでいたと言う人に
も出くわします。
それを繰り返すことによって、どんどん顧客を獲得していき、顧客が増えてくると顧客か
ら紹介されたりなどで多くの契約がとれるようになったそうです。
最初は認知されるためにも、数を多く打つことが大事だということでもあります。
そこから常連の顧客が出来あがり、売上も伸びていくわけです。
当然ながら数多くのチラシを作ろうとすれば、多くのお金もかかりますが、なるべく安い
単価のところを探すことで多くの枚数も可能になってくるかもしれませんよ。